若隆景が十両V「集中力を切らさずに相撲が取れた」 幕内復帰濃厚で「自分らしく下からの相撲を取りたい」

[ 2024年5月27日 05:00 ]

大相撲夏場所千秋楽 ( 2024年5月26日    両国国技館 )

<大相撲夏場所千秋楽>対馬洋(右)を押し出しで破る若隆景(撮影・藤山 由理)
Photo By スポニチ

 若隆景が対馬洋を押し出しで下し14勝1敗の好成績で十両優勝を果たした。先場所は終盤崩れて9勝止まりだっただけに「ホッとしました。しっかり15日間、集中力を切らさずに相撲が取れた」と率直な感想を述べた。

 関脇だった昨年春場所に右膝前十字じん帯断裂の大ケガを負い幕下まで陥落。徐々に回復し今場所は本来の力を発揮した。来場所は幕内復帰が濃厚で「もっともっと稽古して自分らしく下からの相撲を取りたい」とさらなる精進を誓った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年5月27日のニュース