×

日本フェンシング協会、合宿助成金申請せず 武井壮会長、週刊誌報道受け釈明

[ 2022年7月3日 05:22 ]

日本フェンシング協会の理事会後に取材に応じた武井壮会長
Photo By スポニチ

 日本フェンシング協会は2日、都内で理事会を開き、男女エペ代表が6月の沖縄合宿でレジャーに興じていたとする週刊誌報道を受け、今回の合宿の助成金を申請しないことなどを決めた。

 合宿はアジア選手権を終え、世界選手権に向けて心身の調整が目的で、内容には問題がなかったことを確認。一方で、自己負担で同行した家族が同じ部屋に宿泊するなどの不適切な部分もあったことを認め、助成金の申請を見送るとした。

 武井壮会長は「原因は我々がすぐに回答できる準備ができていなかったこと」とし、情報共有システムの構築を約束。助成金申請については「受理される基準より協会が高い基準を持つことが大事」との見解を示した。また、今回の騒動で処分はないことを明言した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年7月3日のニュース