ウッズ フルタイムでのツアー参戦「二度とない」 事故後初めて将来に言及

[ 2021年12月1日 05:30 ]

タイガー・ウッズ(AP)
Photo By AP

 男子ゴルフのタイガー・ウッズ(45=米国)が、フルタイムでのツアー復帰が難しいとの見解を示した。29日に掲載された米専門誌ゴルフ・ダイジェスト(電子版)のインタビューで2月の自動車事故で右脚に重傷を負ってから初めて将来について語り、「フルタイムでは二度と参戦できないが、大会を選びながら、いつかまたツアーでプレーすること」と出場大会を限定しての復帰を目標に掲げた。

 メジャー通算15勝を誇るスーパースターは「残念ながらそれが現実。理解しているし、受け入れている」と静かに話した。また「素晴らしい人生を送るのに、世界最高の選手と戦う必要はない」とトップレベルでの競技にこだわらないことも強調した。

 11月22日には事故後初めてショットを放つ映像を自身のツイッターで公開。だが、右脚の回復具合は「半分の地点にも来ていない」と時間がかかるとの見通しを明かした。ウッズは自身の財団が主催するヒーロー・ワールドチャレンジ(2日開幕、バハマ)で、事故後初めて公の場に現れる予定だ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年12月1日のニュース