錦織 今年の漢字は「先」 これからも「なるべく先を見て」

[ 2021年12月1日 05:30 ]

トークセッションで、今年の漢字を披露する錦織(右)と上地(撮影・久冨木 修)       
Photo By スポニチ

 テニス男子の錦織圭(日清食品)が30日、車いすテニス女子の上地結衣(三井住友銀行)とともにJALのイベントに出演した。

 今年を漢字で一文字で表すお題を出され「先」と記入。「これからも、なるべく先を見てどんどんいきたい」と理由を語った。上地は「特」と記し「パラリンピックがあり、特別な経験をさせていただいた」と説明。2人の漢字を合わせると「先」「特」となり、錦織は「JALのキャンペーンで先得というのをやっているので、皆さんチェックしてください」と強調。司会者から「漢字は違いますが、たまたまですか?」と聞かれると「たまたまなわけない」と笑った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年12月1日のニュース