スピードスケートW杯第2戦に高木菜那らエントリー コロナ検査は全22選手陰性

[ 2021年11月18日 05:30 ]

高木菜那
Photo By スポニチ

 スピードスケートW杯第2戦(19~21日、ノルウェー・スタバンゲル)の出場選手が16日に発表され、第1戦(12~14日、ポーランド・トマショフマゾウィエツキ)を欠場した日本代表の高木菜(日本電産サンキョー)、山田梨(直富商事)、土屋良(メモリード)、土屋陸(日本電産サンキョー)もエントリーされた。

 第1戦に向けたポーランド入国前の新型コロナウイルス検査で選手4人、スタッフ6人の陽性が判明。日本スケート連盟は個人名を公表していないが、関係者によると、14日の検査で全22選手の陰性が確認され、16日にノルウェーに入ったという。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月18日のニュース