東京国際大エース・ビンセント 牛丼パワーで駅伝2連勝狙う! 来月7日、全日本大学駅伝

[ 2021年10月20日 16:56 ]

全日本大学駅伝での活躍を誓ったビンセント
Photo By スポニチ

 10日に行われた出雲全日本大学選抜駅伝で史上初の初出場初優勝の快挙を成し遂げた東京国際大駅伝部が20日、埼玉県川越市内の同校行われた優勝杯の校納式に出席。絶対的エースのビンセント(3年)は好物の“牛丼パワー”で全日本大学駅伝(来月7日)でも活躍することを誓った。

 ビンセントは出雲駅伝出走前に牛丼を食べて気合を注入。最終6区で区間新記録の樹立はならなかったが、区間賞の快走で初優勝に結びつけた。

 全日本大学駅伝前に牛丼を食べるかは「まだ分からない」と笑うが、レース前には牛丼や母国ケニア料理を自炊して食べるのがルーティンになっているという。

 出雲駅伝は出走しなかった4年の三浦瞭太郎主将は、伊勢路に向けて「優勝を目指す気持ちで頑張りたい」とチームの気持ちを代弁。勝利の鍵を握るケニア人ランナーは「まずはスタートラインに立つことが第一。走ることができたら記録を更新して、チームに貢献したい」と駅伝2連勝を見据えていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月20日のニュース