三宅星南がジャパン・オープン出場

[ 2021年9月20日 19:45 ]

三宅星南
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートのジャパン・オープン(10月2日、さいたまスーパーアリーナ)に男子の三宅星南(関大)が出場すると20日、同大会の公式サイトで発表された。

 同大会は19年までは日本、北米、欧州のアマ、プロの男女混合による団体戦で行われていたが、新型コロナウイルスの影響で、昨年に続いて日本のアマ選手のみが出場。1チーム男子3人、女子3人の2チーム対抗戦で、それぞれフリーを演技する。

 出場選手が出揃ったことでチーム分けも決定し、「チームレッド」は男子の三宅、田中刑事(国際学園)、友野一希(セントラルスポーツ)、女子が坂本花織(シスメックス)、松生理乃(中京大中京高)、河辺愛菜(木下アカデミー)。「チームブルー」は男子が宇野昌磨(トヨタ自動車)、佐藤駿(フジ・コーポレーション)、山本草太(中京大)、女子が宮原知子(木下グループ)、三原舞依(シスメックス)、樋口新葉(明大)となった。

 2、3日には同会場でカーニバル・オン・アイスも開催。2日はエキシビジョン、3日は今季のショートプログラムの演技を披露する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月20日のニュース