日立・坂本“私だって” 同学年・後藤に負けず4安打完封「あの大舞台でいい投球するのはすごい」

[ 2021年9月5日 05:30 ]

第54回日本女子ソフトボールリーグ後半開幕節   日立5-0シオノギ製薬 ( 2021年9月4日    神奈川県大和市・大和スタジアム )

<日本女子ソフトボールリーグ シオノギ製薬・日立>完封勝利を挙げ喜ぶ日立の坂本実(右)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 日立は、トヨタ自動車の後藤と同学年の右腕・坂本が完封した。

 3回1死二、三塁の大ピンチで連続三振。内角速球をうまく使って、シオノギ製薬打線を4安打に封じた。

 東京五輪での後藤の活躍を見て「あの大舞台でいい投球をするのはすごいこと。自分も負けずにがんばりたいと思った」と刺激を受けた。前半戦は防御率0・67で2位ターンに貢献した21歳。それ以上の活躍も期待できそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月5日のニュース