櫻井翔 パラ閉会式ダンスパフォに感嘆「超カッコイイ」「いっぱい練習したんだろうな」

[ 2021年9月5日 21:41 ]

東京パラリンピック閉会式で行われたダンスパフォーマンス(AP)
Photo By AP

 東京パラリンピックは5日、13日間の全日程を終え、無観客の東京・国立競技場で閉会式が行われた。NHKの五輪・パラ放送スペシャルナビゲーターを務める嵐の櫻井翔(39)は会場から中継に出演し、式典終盤のダンスパフォーマンスに「超カッコイイ」「サイコー」と感嘆の声を上げた。

 この日の式典はオープニングセレモニー、各国のフラッグ入場などのプログラムが展開され、クライマックスのパフォーマンスはコンセプトの「Harmonious Cacophony(ハーモニアス カコフォニー」(調和する不協和音)に合わせて、カラフルな衣装を身にまとった出演者が演奏とダンスを繰り広げた。

 車いすの車輪を叩いての演奏やブレイクダンスなどを1つのカメラで追いかける演出に櫻井は「超カッコイイ」「いっぱい練習したんだろうな」「サイコー」「立ち位置1つ覚えるのも大変なんですよ」などと、自身の経験も踏まえて興奮気味に声を上げていた。

 この反応にネット上でも「ポイントを的確に伝えてくれる」「興奮するのも好感」「素敵すぎて泣ける」など称賛の声が上がっていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月5日のニュース