世界陸連 五輪マラソンの応援自粛要請に驚き「一貫性のない決定」

[ 2021年7月8日 05:30 ]

5月に行われた札幌マラソン
Photo By スポニチ

 世界陸連は6日、東京五輪・パラリンピック組織委員会が札幌で開催される五輪のマラソンと競歩の応援自粛を要請したことについて「一貫性のない決定に驚いている」と声明を発表した。

 マラソンと競歩は屋外開催にもかかわらず、屋内会場でも定員の50%、最大1万人まで認める観客上限の方針と「矛盾しているようだ」と指摘。「マラソンは日本で人気があり、観客がいないのは非常に残念。この決定について早急に話し合う」とした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月8日のニュース