部員逮捕の駒大 大八木監督が大会同行を自粛、藤田コーチが代行

[ 2021年5月20日 16:44 ]

陸上 関東学生対校選手権第1日 ( 2021年5月20日 )

<関東学生対校選手権第1日>よみうりランドで行われたハーフマラソン
Photo By スポニチ

 男子ハーフマラソンは、東京・よみうりランド周回コース(非公認、20・8キロ)で行われた。19日に部員が女子高生(17)に淫らな行為をしたとして、神奈川県警に県青少年保護育成条例違反などの疑いで逮捕された駒大は、大八木弘明監督(62)に代わり、藤田敦史コーチ(44)が引率した。

 関東学連によると、大八木監督から19日午前中、電話で部員の逮捕について報告があり、同日午後には現場への同行を自粛する申し出があったという。また、同連盟は処分について「今のところない」としている。

 ハーフマラソン2部には佃康平(4年)、山野力(3年)、花尾恭輔(2年)が出場。花尾が1時間2分0秒で2位、佃が1時間2分52秒で7位、山野は1時間3分3秒9位だった。レース後、一連の騒動について藤田コーチは「お話できることはありません」とだけ語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月20日のニュース