萱 逆転2位で涙の五輪切符!リオは補欠、悔しさバネに「この5年、長かった…」

[ 2021年5月17日 05:30 ]

体操 NHK杯最終日 ( 2021年5月16日    長野市ビッグハット )

萱和磨のつり輪
Photo By 代表撮影

 2位の萱和磨(24=セントラルスポーツ)も東京五輪の団体総合の代表に決まった。

 涙で震える言葉に、実感がこもった。「この5年、長かった…」。16年リオ五輪は補欠で同行した萱は、団体金メダルを会場で見た。「あれから1ミリも東京五輪に出たい気持ちは、ぶれなかった」。胸に刻まれた悔しさが、リオ以降の原動力だった。

 2位以内で五輪代表に決まる今大会。5種目目の平行棒を終えて3位で、順大同期でセントラルスポーツでも同僚の2位・谷川航と0・004点差で最終種目の鉄棒を迎えた。安定した演技から「失敗しない男」と評されながら、4月の全日本では鉄棒でミスして3位。以降、「萱和磨と闘ってきた」と自身と対じしながら調整してきた。

 萱が鉄棒をまとめると、次に演技した谷川航が得点を伸ばせず、逆転で初の五輪代表に。「こんなところで泣いているようじゃ、まだまだ」と話した24歳は、涙が乾いた後に言い切った。「確実に、僕はまた強くなった」。たどり着いた夢舞台で「失敗しない男」の本領を発揮する。

 ◆萱 和磨(かや・かずま)1996年(平8)11月19日生まれ、千葉県出身の24歳。世界選手権は15年に男子団体総合金メダル、あん馬3位。18、19年団体総合3位、19年平行棒3位。16年リオデジャネイロ五輪代表補欠。昨年の全日本選手権初優勝。順大大学院、セントラルスポーツ。1メートル63、53キロ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月17日のニュース