渡嘉敷 五輪「諦めたわけじゃないが、無理はしない」 昨年12月に右膝前十字じん帯断裂

[ 2021年4月22日 05:30 ]

渡嘉敷来夢
Photo By スポニチ

 バスケットボール女子日本代表候補の渡嘉敷来夢(ENEOS)が21日、強化合宿中の東京・味の素ナショナルトレーニングセンターでオンライン取材に応じ、右膝の大ケガで出場が絶望的となっている東京五輪について「諦めたわけじゃないが、無理はしない。東京が私のキャリアで最後ではない」と語った。

 渡嘉敷は昨年12月に右膝前十字じん帯断裂の重傷を負った。合宿では別メニューでリハビリに励んでおり軽いジョギングはできている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月22日のニュース