冬季国体 あす予定通り開幕 棄権団体が増えても中止はなし

[ 2021年1月26日 16:51 ]

 あす27日から岐阜、愛知両県で開かれる国民体育大会冬季大会のスケートとアイスホッケーの競技会が、この先に棄権団体が増えたとしても、予定通りに開催されることになった。

 開幕に先立ち、26日に名古屋市内で全国報道員会議を実施。両県で緊急事態宣言が発令されている中、すでに棄権する意向を示している団体が複数あるが、大会関係者は「参加のいかんによって、中止になることはございません」と明言した。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、14日に愛知県は無観客で開催することを発表。その上で、21日に主催者間で予定通りに開催することを最終確認したという。

 初日は開始式やフィギュアスケート、アイスホッケーが行われる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月26日のニュース