第97回箱根駅伝 予定通り来年1月2、3日に開催決定

[ 2020年11月5日 15:17 ]

今年の箱根駅伝で優勝した青学大。10区・湯原(手前)を出迎える原監督(中央)らと選手たち(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 関東学生陸上競技連盟(関東学連)は5日、第97回東京箱根間往復大学駅伝競走を予定通り2021年1月2、3日に開催することを発表した。

 日本陸上競技連盟が定める「ロードレース再開についてのガイダンス」に則り、感染症対策の専門家のアドバイスも踏まえて準備を進めていく方針。沿道での応援行為は強く自粛を求め、関東学連の有吉正博会長は「駅伝ファンの皆さまには、今回はテレビなどを通しての応援を頂ければと思います」とした。出場チームや運営スタッフを含む大会関係者は、大会前2週間の体調、体温を記録し、異常がないことを確認した上で大会の参加を認めるという。

 また、感染状況や今後の社会情勢の変化によっては、大会を中止する可能性も示唆。有吉会長は「これからも末永く愛される大会を目指していきます」とコメントした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年11月5日のニュース