宮原知子、国内ブロック大会出場を免除 実績と渡航制限を考慮

[ 2020年9月2日 15:38 ]

宮原知子
Photo By スポニチ

 日本スケート連盟は2日、都内で理事会とともにフィギュア委員会を開き、カナダを練習拠点とする18年平昌五輪4位の宮原知子(22=関大)について、12月の全日本選手権への選考を兼ねた国内ブロック大会出場を免除することを決めた。

 宮原は昨年の全日本選手権4位。ブロック大会出場が免除となるシード権は3位までに与えられるが、昨季の世界選手権代表の実績や、国内大会出場に伴う出入国時の渡航制限を考慮してシード相当とした。伊東秀仁フィギュア委員長は「(宮原が)不利になる可能性があるので、シードに加えました」と説明した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月2日のニュース