競泳・瀬戸大也 NTCでの練習再開、感染予防で新コーチとの本格始動はお預け

[ 2020年6月1日 16:56 ]

瀬戸大也
Photo By スポニチ

 競泳の男子200メートルと400メートルの個人メドレーで東京五輪出場が内定している瀬戸大也(26=ANA)が1日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)での練習を再開した。

 午前10時半から約1時間泳ぎ「これまで毎日のように泳いできたプールなのでとても泳ぎやすかった。まだ段階を踏んでではありますが来年に向けてスタートしていきます」とコメント。4月に小学5年から指導を仰いだ梅原孝之コーチ(49)と関係を解消し、5月から埼玉栄高の同級生である浦瑠一朗氏(25)を新コーチに招いた。コロナウイルス感染予防対策でNTCはコーチの入場を制限しており、新コンビの本格始動はお預けとなった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年6月1日のニュース