体操・内村航平がNTCでの練習再開

[ 2020年6月1日 16:33 ]

体操男子の内村航平
Photo By スポニチ

 体操の男子個人総合で五輪連覇の内村航平(リンガーハット)が1日、東京都北区の「味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)」での練習を再開した。

 新型コロナウイルスの感染拡大で政府の緊急事態宣言発令中、16年12月のプロ転向後、内村が拠点としていたNTCは事実上の閉鎖状態に。同宣言が解除され、日本協会が日本オリンピック委員会(JOC)、施設を管理する日本スポーツ振興センター(JSC)にガイドラインや活動計画を提出して承認され、利用可能になった。リスタートのこの日は約3時間、汗を流した。

 日本協会は現在、午前10時~午後1時、午後2~5時のどちらか1回、同時利用選手は男女各6人までと定めており、利用可能な人数や時間は今後、段階的に増やしていく。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年6月1日のニュース