利用中止のNTC 緊急事態宣言延長で難しい再開判断「社会の理解が得られるか」

[ 2020年5月4日 05:30 ]

味の素ナショナルトレーニングセンター
Photo By 共同

 新型コロナウイルス対策で政府の緊急事態宣言が延長されることになる中、利用中止となっている味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)と国立スポーツ科学センター(JISS)の再開は難しい判断を迫られそうだ。

 両施設は五輪選手強化の中心を担う。21年東京五輪で日本オリンピック委員会(JOC)が掲げる目標は金メダル30個。ある競技の強化担当者は「このまま使えなければ目標を達成できない」と話すなど、段階的再開を求める声も一部で上がっている。ただ、国民が自粛生活を送る中で「国の施設で特別扱いしていいのか」(政府関係者)との声も根強い。JOC幹部は練習環境の早期確保の必要性を認める一方で、「(再開しても)社会の理解が得られるかどうか。本当にもどかしい」と悩ましげに語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月4日のニュース