テニス・ウィンブルドン中止も…芝コートの使用可能期間限られ延期「困難」

[ 2020年3月27日 05:30 ]

テニス・ウィンブルドンのセンターコート
Photo By スポニチ

 テニスのウィンブルドン選手権を主催するオールイングランド・クラブは25日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて6月29日~7月12日に予定されている大会の延期や中止を検討していると発表した。無観客では開催しないことは正式に決定。同クラブは芝コートの使用可能期間が限られ、センターコート以外はナイター設備もないため、延期は困難を伴うとの見解も示した。来週、臨時の役員会を開いて開催の可否を議論する。

 1877年に始まり、4大大会の中で最も長い歴史を持つ。中止となれば、世界大戦の影響を受けた1915~18年、1940~45年以来で、68年のオープン化以降では初。テニスのツアー大会は6月7日まで中断することが決まっている。5月に開幕予定だった全仏オープンは9月20日~10月4日に延期され、8月31日~9月13日は全米オープンが開催予定。2週連続のグランドスラムに一部選手からは戸惑いの声も上がっている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月27日のニュース