坂本、2年ぶりの女王へ執念4位 フリーは4回転トーループ投入視野「入れたい気持ちは100%」

[ 2020年2月7日 05:30 ]

フィギュアスケート四大陸選手権第1日   女子SP ( 2020年2月6日    韓国・ソウル )

女子SP、演技をする坂本花織(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 2年ぶりに女王の座を狙う坂本は4位発進となったが、気迫のこもった演技を見せた。アップテンポな曲を力強く舞い、演技構成点は全体トップの35・44点。後半の3回転ループはオーバーターン気味となったが、執念でこらえた。

 「練習ならこけていたけど何とか耐えた」と振り返った。フリーで投入を視野に入れる4回転トーループについては「明日の練習次第。入れたい(気持ち)は100%」と意欲的だった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月7日のニュース