【玉ノ井親方 視点】上位4人倒した遠藤、好調の理由…理詰めの相撲で朝乃山を寄り倒す

[ 2020年1月16日 20:00 ]

<大相撲初場所5日目>朝乃山(右)を寄り倒しで破る遠藤(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 遠藤はもともと相撲がうまいタイプだが、今場所は動きが速い上に相手が嫌がる相撲を取っている。

 得意の形は左四つ。この日の朝乃山とはケンカ四つ。先に右を差し、左からおっつけて朝乃山に右差しを許さなかった。一瞬、2人の体が離れたときに、相手に左上手を取られたものの、その位置が深く朝乃山の上体が浮いてしまった。もろ差しになった遠藤は、そこを一気に前に出て、寄り倒した。遠藤らしい理詰めの相撲だった。

 これで上位4人を倒した。好調の要因は、何よりもまず体調がいいことだろう。今までは膝や足首のケガに苦しめられてきたが、力を出し切れれば三役を張っていてもおかしくない力士だ。相手によって取口を変えられる器用さもあるし、体も柔らかいから相手も攻めづらい。

 今場所、対戦が残る上位は関脇の高安と小結2人だけ。上位陣がケガの影響で相撲勘が戻っておらず、阿炎も右足に不安を抱えている。そのヤマを乗り越えれば面白い展開になる。終盤戦で優勝争いに絡んでくるようなら、ファンも多い力士だけに盛り上がりも半端ではないだろう。(元大関・栃東) 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月16日のニュース