悔しい!遠藤、土俵際の逆転負けに無言 八角理事長「いい立ち合いだっただけに残念」

[ 2020年1月16日 05:30 ]

大相撲初場所4日目 ( 2020年1月15日    両国国技館 )

遠藤(左)を突き落としで破り1敗をキープした貴景勝(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 遠藤は途中まで有利な体勢になりながら逆転負け。今場所初黒星に、支度部屋では報道陣の取材に無言を貫いた。

 鋭い踏み込みから貴景勝を押し込むと、右前まわしを取り、左も差した。絶好の体勢で攻め立てたが、土俵際でなりふり構わず抵抗した相手の突きを受け、崩れ落ちた。

 八角理事長は「遠藤はいい立ち合いをしただけに残念。でも貴景勝の出足を止めて自分から前に出ただけで(以前とは)違う」と成長ぶりを指摘した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月16日のニュース