石川遼 逆転優勝へ望み 67をマークし5打差7位グループに浮上

[ 2019年11月30日 17:13 ]

<カシオワールド第3日>18番、ティーショットを放つ石川遼(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 男子ゴルフのカシオワールドオープン(賞金総額2億円、優勝賞金4000万円)は30日、高知県芸西村のKochi黒潮カントリークラブ(7335ヤード、パー72)で青空の下、第3ラウンドを行った。

 首位に5打差の12位グループからスタートした賞金ランク5位のホストプロ・石川遼(28=CASIO)は8バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの67をマークし、首位に5打差の通算10アンダー、7位グループに浮上した。後半の11番パー3(205ヤード)でバンカーショットを2度ミスし、ダブルボギーを叩いたが、15番からの上がり4連続バーディーで復活。のどの痛みと鼻水の症状などに苦しみながらも逆転優勝へ望みをつないだ。

 ▼石川遼 (声は)全然出ないです。(体調は)すみません。何か日に日にちょっとずつ悪くなってる感じなんですけど、でも鼻とのどだけなんで、見ての通りプレーには支障ありませんし、何の言い訳にもなりません(笑い)。勝てるか、勝てないかというところまではもう少しかなとは思いますけど、今日の上がりが出来て明日もギリギリ分からないかなというところで終わったので今日できたことを明日、もっと上位で試したいという思いが強いですね。
 
 首位に9打差の48位ギリギリで予選を通過した賞金ランク首位・今平周吾(27=フリー)は3バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの73とスコアを落とし、1バーディー、2ボギーとスコアを落とし、通算イーブンパーの59位に低迷している。

 ▼今平周吾 今週はスコアが悪いんで。明日はそんな大事じゃないです。次(日本シリーズ)につながるようなプレーをしたいです。

 首位に4打差の8位グループからスタートした賞金ランク2位ショーン・ノリス(37=南アフリカ)は5バーディー、1ボギーの68とスコアを伸ばし、石川と同じ通算10アンダーの7位グループ。首位に6打差の17位グループからスタートした賞金ランク6位・堀川未来夢(26=Wave Energy)は74とスコアを落として通算2アンダーの50位グループまで大きく順位を下げた。

 首位に2打差の2位からスタートしたアンソニー・クウェイル(25=オーストラリア)がこの日のベストスコア65をマークして通算15アンダーの単独首位に浮上。今季獲得賞金ゼロの小林伸太郎(33=焼鳥まさや)が通算13アンダーの2位に付けている。

 <賞金ランク>(1)今平周吾1億5716万9312円(2)S・ノリス1億1997万56円(3)C・キム9607万2725円(4)黄重坤9160万435円(5)石川遼8817万2990円(6)堀川未来夢8094万858円(7)J・ジェーンワタナノンド7747万5150円
 
 <今大会の賞金配分表>(1)4000万円(2)2000万円(3)1360万円(4)960万円(5)800万円(6)720万円(7)660万円(8)610万円(9)564万円(10)524万円

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月30日のニュース