東京五輪選手団、団長に福井氏が就任 総監督には尾県氏が決まる

[ 2019年11月27日 05:30 ]

東京五輪の日本選手団団長に就任が決まった福井烈氏(左)と総監督を務める尾県貢氏
Photo By スポニチ

 JOCは東京五輪日本選手団の団長に福井烈専務理事(62=日本テニス協会専務理事)、総監督に尾県貢選手強化本部長(60=日本陸連専務理事)の就任が決まったと発表した。福井団長は「和の心で、チームワークを大切に臨みたい」と抱負を述べ、尾県総監督は「厳しい数字だが、金メダル30個の目標は守りたい」と話した。

 JOCによると直近の各競技の世界選手権で日本勢は金メダル17個。尾県総監督は「銀も27個ある。それを金に変えていければ目標は遠くない」と説明した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月27日のニュース