スコットランド、先発14人入れ替えたロシア戦は前半だけで3トライ!21―0で後半へ

[ 2019年10月9日 17:00 ]

ラグビーW杯1リーグA組   スコットランド―ロシア ( 2019年10月9日    エコパスタジアム )

<スコットランド・ロシア>前半、スコットランド・ジョージ・ホーンはトライを決めガッツポーズ(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 13日の1次リーグ最終戦(横浜)で日本と対戦する世界ランキング9位のスコットランドが同20位のロシアと対決。前半を21―0で終えた。

 前半14分、ヘースティングズのトライとコンバージョンで7点先制。4分後にもヘースティングズが再びトライ。22分には相手ゴール付近でホーンがインターセプトしトライを決めた。

 スコットランドは中3日での日本との最終戦を見据えて主力を温存し、前戦から先発14人を入れ替えて試合に臨んだ。今大会初先発が10人で、初出場も5人の控え主体メンバーだが、前半から層の厚さを見せた。

 試合前日にはNo・8ウィルソンは「勝ち点5を取らないといけない。選手も重要だと分かっている」と強調。ゲーム主将を務めるフランカーのバークレーは「出ていなかった選手のモチベーションは高い」と意欲を口にしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年10月9日のニュース