スコットランド指揮官「信じられない」 日本VSサモア判定に不満

[ 2019年10月9日 05:30 ]

ラグビーW杯2019

練習を見守るスコットランドのタウンゼンド監督。手前はレイドロー
Photo By 共同

 スコットランドからは日本がサモア戦の試合終了間際に挙げた4トライ目の直前の判定について不満が出ている。

 サモアは自陣ゴール前のスクラムで「ノットストレート」の反則を取られ日本に攻撃の起点を与えてしまったが、タウンゼンド監督は7日の会見で「信じられない判定だ。SHのボール投入には許容範囲が与えられてきたはずだ」とコメント。自国メディアにたきつけられる形だったが「W杯で見るとは驚きだ。それも終了間際に試合を変えてしまう判定で、もっと驚いた」と疑問を呈した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年10月9日のニュース