サンダーが6連勝 ウエストブルックは4試合連続トリプルダブル ロケッツのハーデンは37得点

[ 2019年1月30日 15:01 ]

37得点をマークしたサンダーのジョージ(AP)
Photo By AP

 NBAは29日に各地で7試合を行い、西地区全体3位のサンダーは敵地オーランドでマジックを126―117(前半69―63)で下して32勝18敗。球宴での先発が決まっているポール・ジョージ(28)が両軍最多の37得点を稼いでチームの6連勝に貢献した。

 ラッセル・ウエストブルック(30)は23得点、14リバウンド、14アシストで4試合連続、今季17回目(通算121回目)のトリプルダブルを達成。センターのスティーブン・アダムス(25)が足首を痛めて欠場したが、主力2人の活躍で連勝記録を伸ばした。

 マジックは20勝31敗。センターのニコラ・ブーチェビッチ(28)が27得点、11リバウンドをマークしたが、チームは4連敗となった。

 得点ランクでトップを走るロケッツのジェームズ・ハーデン(29)は地元ヒューストンで行われたペリカンズ戦で37得点を記録。30得点以上の連続記録を歴代3位にあと「1」と迫る24試合に更新した。

 しかしフィールドゴールの成功は32本中11本にとどまり、第4Q残り1分53秒に決めた3点シュートでようやく30得点に到達するなどこの日は苦闘。試合は116―121(前半66―59)で敗れて29勝21敗となり、連勝は3で止まった。

 ペリカンズは得点ランク2位のアンソニー・デービス(25)らを含めて主力に故障者が続出しているが、敵地で貴重な白星を挙げて23勝28敗。デービスの代役、ジャーリル・オカフォー(23)が27得点と12リバウンド、ガードのドリュー・ホリデー(28)が19得点と自己最多の6ブロックショットをマークして強敵をなぎ倒した。

 東地区全体首位のバックスは敵地デトロイトでピストンズを115―105(前半62―49)で退けて36勝13敗。球宴投票で東地区最多となりチーム編成の権利を握っているヤニス・アデトクンボ(24)が21得点、8リバウンド、14アシストを稼いでチームを引っ張った。

 バックスは27日のサンダー戦で6点差で敗れていたが、黒星を喫したあとの試合ではこれで今季13戦全勝。リーグでは唯一、連敗を喫していない。

 ピストンズは21勝28敗。ガードのレジー・ジャクソン(28)が今季自己最多の25得点を記録したが、ここ5戦では4敗目となった。

 <その他の結果>

*キャバリアーズ(11勝41敗)116―113ウィザーズ(21勝29敗)

*ネッツ(28勝24敗)122―117ブルズ(11勝40敗)

*スパーズ(30勝22敗)126―124サンズ(11勝42敗)

76ers(33勝18敗)121―105*レイカーズ(26勝25敗)

 *はホームチーム

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年1月30日のニュース