東京五輪テスト大会 名称は「レディ・ステディ」に決定

[ 2019年1月24日 05:30 ]

2020年東京五輪・パラリンピックのテスト大会で使用されるロゴ
Photo By 共同

 20年東京五輪・パラリンピック組織委員会は23日、競技ごとに運営のリハーサルを行うテスト大会の名称が「READY STEADY TOKYO(レディ・ステディ・トウキョウ)」に決まったと発表した。原則として組織委主催の大会で使用する。

 また、全体で56を予定するテスト大会のうち、第3弾として15大会を公表。野球・ソフトボールは今年10月のソフトボールの日本リーグ(福島県営あづま球場)、体操は20年4月のW杯東京大会(有明体操競技場)がテスト大会を兼ねる。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年1月24日のニュース