桃田、福島との“同室行動”を謝罪「また迷惑をかけてしまいました」

[ 2018年10月13日 09:38 ]

成田空港で取材対応するバドミントン男子の桃田賢斗
Photo By スポニチ

 バドミントン男子世界ランキング1位の桃田賢斗(24=NTT東日本)が13日、女子ダブルス世界ランキング1位の福島由紀(25=岐阜トリッキーパンダース)との“同室行動”を謝罪した。この日、日本代表選手団がデンマークオープン(16〜21日)へ向けて成田空港発から出発。桃田は「お騒がせして申し訳ありません。自分の軽率な行動でまた迷惑をかけてしまいました。反省して、今後、気をつけたい」と神妙に語った。

 今年5月の代表合宿中に福島がドーピングの抜き打ち検査時に味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)の宿泊施設の自室におらず、桃田の部屋にいたことが発覚。早朝、ドーピングの検査が可能としていた時間帯に福島が自室におらず、両選手は日本協会から厳重注意を受けていた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年10月13日のニュース