JOCが「強化ミーティング」、山下本部長 選考透明化求める

[ 2018年10月13日 05:30 ]

 日本オリンピック委員会(JOC)は20年東京五輪に向けて競技団体の強化責任者を集めて情報を共有する「東京2020強化ミーティング」を都内で開催した。今後本格化する代表選考のあり方についても意見交換し、山下泰裕選手強化本部長は「国民全てが注視していると言っても過言ではない。選手選考の透明化を大事にしていただければ」と要望した。

 会議では既に選考方針を固めているマラソンや卓球の事例が説明されたほか、ジャカルタ・アジア大会で男子代表選手の買春行為が起きた日本バスケットボール協会から経緯や再発防止策の報告もあった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年10月13日のニュース