PR:

服部桜 連勝ならず 2年ぶり白星で注目も「緊張で頭がぼーっとして…」

大相撲名古屋場所5日目 ( 2018年7月12日    ドルフィンズアリーナ )

連勝を逃した服部桜
Photo By スポニチ

 連続黒星を89で止めた服部桜(19=式秀部屋)の連勝はならなかった。序ノ口最初の取組で若小菅と対戦したが、立ち合いで胸から当たり、頭からぶつかってきたザンバラ髪の相手に一気に押し出された。

 「立ち合いが…。変に立っちゃって。緊張で頭がぼーっとしていた」と今場所2敗目を喫し、残念そうな表情を浮かべた。2年ぶりの白星で注目を集め、まだまばらな館内からは「はっとりざくら!!」の声援も飛んだが、結果を残せなかった。

 15年秋場所で初土俵。16年夏場所5日目に初勝利を挙げて以降はまったく勝てなかったものの、今場所3日目に相手の腰砕けで2年ぶりの通算2勝目をマークした。「両親から“おめでとう”とメールがきて、師匠からも“良かったな”と言ってもらいました。一つ勝って頑張ろうという気持ちになりました。次の目標はなるべく早く勝てるようにすることです」と前向きに話していた。

[ 2018年7月12日 09:23 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:09月20日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画