卓球 日本女子 大会中に統一の「コリア」と4強で激突 3大会連続メダル確定も「ビックリ」

[ 2018年5月4日 05:30 ]

卓球世界選手権団体戦第5日 ( 2018年5月3日    スウェーデン・ハルムスタード )

卓球の世界選手権団体戦女子準々決勝でプレーする(左から)伊藤美誠、石川佳純、平野美宇(共同)
Photo By 共同

 女子準々決勝で日本はウクライナを3―0で下し、3大会連続のメダルを確定させた。4日の準決勝では、3日に急きょ結成された韓国と北朝鮮の合同チーム「コリア」と対戦。男子決勝トーナメント1回戦で日本は香港を3―0で撃破し、4日の準々決勝では韓国とメダルを懸けて戦う。

日本女子が動揺を見せずに、メダルを決めた。ウクライナとの準々決勝前、韓国と北朝鮮の合同チーム「コリア」が結成されたことを知った。「凄くビックリした。(大会が)始まる前からじゃなくて、いきなりだったんで驚きがある」と石川は振り返ったが、主将としてけん引。第2試合で登場すると、カット主戦型を相手にあっさりとストレート勝ち。メダルを決めて「まずはホッとした」と笑みを浮かべた。

 韓国と北朝鮮はメダルを懸けた準々決勝を戦わなかった。大会期間中、それもメダルを懸けた試合で、南北が急きょ合同チームとなる前代未聞の事態で、日本は「コリア」と対戦することになった。平野は「凄くビックリした。そんなのあるんだ、(大会の)途中で」と石川と同様に驚きの表情を浮かべる一方、伊藤は「楽しみ。面白そう」と余裕の笑み。男子の水谷は「スポーツが政治的に利用されるのはどうかと思う」としながら、「それで世界が平和に導かれるのならいい」と話した。

 「コリア」は準々決勝をスキップしたことで体力的な余裕があり、選手起用でも幅が広がった。公平とは程遠い状況で準決勝を迎えるが、石川が「自分たちのプレーをすることに変わりはない。どうせ(韓国と北朝鮮の)どちらかとは当たっていた。練習の成果を見せる時かな」と言えば、「うちらが相手に勝つというのは一緒なんで」と平野。一丸で想定外の事態を乗り越え、47年ぶりの金メダルに王手をかける。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2018年5月4日のニュース