照ノ富士 兄弟子の騒動に無言、3連敗に淡々 宝富士も語らず

[ 2017年11月15日 05:30 ]

大相撲九州場所3日目 ( 2017年11月14日    福岡国際センター )

稽古の合間、さえない表情を見せる日馬富士。左は照ノ富士
Photo By 共同

 日馬富士の弟弟子の関脇・照ノ富士と平幕の宝富士は騒動について口を閉ざした。

 大関復帰のノルマが10勝の照ノ富士は嘉風に寄り切られ3連敗。「強いのが勝つ、弱いのが負ける」と淡々と話し、兄弟子の暴行については「ノーコメント」とした。宝富士は千代翔馬に上手投げで勝利。支度部屋で報道陣に囲まれたが「自分の相撲を取るしかない。今日は話せません」と口を真一文字にした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年11月15日のニュース