ラグビー23年W杯 フランス開催決定、南アとアイルランド破る

[ 2017年11月15日 23:42 ]

 ラグビーの国際統括団体、ワールドラグビー(WR)は15日、ロンドンで理事会を開き、2023年のワールドカップ(W杯)開催国にフランスを選んだ。同じく招致を目指していた南アフリカとアイルランドを破った。

 総投票数39票で行われ、得票が最下位の国を除き、過半数の20票を獲得した国が出るまで投票を繰り返した。1回目はフランスの18票が最多で最下位のアイルランドが脱落。フランスが2回目で24票を獲得した。

 WRがW杯の大会運営を委託しているW杯リミテッドは、南アフリカを推薦していた。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年11月15日のニュース