奥原 右膝故障明けで棄権の可能性示唆「無理しない」 17日開幕デンマークOP

[ 2017年10月15日 05:30 ]

バドミントンのデンマーク・オープンへ向けて成田空港から出発した奥原希望
Photo By スポニチ

 バドミントンのデンマーク・オープン(17〜22日、コペンハーゲン)に出場する女子シングルスの奥原希望(日本ユニシス)が成田空港から出発し、右膝故障明けとなる今大会について「膝と相談してになるが、絶対に無理しない」と棄権の可能性を示唆した。奥原は9月のジャパン・オープン準決勝を右膝故障で棄権。完治していないが、ランク上位者に出場義務があるため強行渡航となった。すでに12月のスーパーシリーズ・ファイナル(ドバイ)の出場権は得ており、「(11月の)中国、香港の大会は(完調で)いけると思う」と本格復帰への見通しを示した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2017年10月15日のニュース