地元・和歌山が男女総合優勝 桐生は滋賀のリレー2位に貢献

[ 2015年10月7日 05:30 ]

 国民体育大会「2015紀の国わかやま国体」は6日、秋篠宮ご夫妻を迎えてで閉会式が行われ、閉幕した。和歌山が天皇杯(男女総合優勝)、東京が皇后杯(女子総合優勝)を獲得した。第71回大会は岩手県で来年10月1~11日に開催される。

 成・少年共通400メートルリレーの男子は静岡が39秒79で制し、桐生祥秀(東洋大)を擁した滋賀は39秒94で2位。ラグビー少年(15人制)決勝は大阪(選抜)が福岡(選抜)に24―19で勝ち、2年連続16度目の優勝を果たした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年10月7日のニュース