味の素、ソチ五輪選手村で食をサポート 「ボブ丼」もお披露目

[ 2014年1月22日 20:57 ]

 スポーツ選手を食でサポートする「ビクトリープロジェクト」を日本オリンピック委員会(JOC)と共同で展開している味の素は22日、ソチ冬季五輪で栄養補助食品や調味料、スープ類を選手に提供するスペースを選手村に設置すると発表した。

 東京都内で開かれた説明会では、これまでの取り組みも紹介された。昨年夏からサポートしているフィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)は食が細くて風邪をひきやすかったが、食欲が出る汁物などのレシピを母親に提案し、今季は体調を崩すことが少なくなったという。ボブスレー男子代表のために考案されたスタミナたっぷりの「ボブ丼」もお披露目された。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2014年1月22日のニュース