ジャンボ尾崎 今季は引退覚悟 「カウントダウンが…」

[ 2014年1月22日 05:30 ]

自身のブログで今シーズンに懸ける悲壮な決意を明かした尾崎

 男子ゴルフの尾崎将司(66=マックス・インターナショナル)が引退覚悟で今シーズンを戦う決意を示した。自身のブログを更新し、「私のゴルフ人生で真のカウントダウンが始まった様だ」との書き出しで引退間近であることを示唆。

 03年以降、優勝から遠ざかっている状況を「情けないし、淋(さび)しい。終わりが近づいている事に間違いはない」ともつづったが、「ジャンボ尾崎として何かしでかしてやりたい!!」と勝利に向けて衰えぬ執念も見せた。

 昨年は4月のつるやオープン初日に62を出して、レギュラーツアー史上初のエージシュートを達成した。しかし、その後は予選落ちを繰り返し終盤には背中痛を発症。12月に検査入院するほど満身創痍(そうい)だった。尾崎に近い関係者は「これからは引退も見据えてやっていく」と語った。尾崎は21日には千葉市内の練習場でタイヤ引きを行うなど、4月の国内ツアー開幕に向けて調整した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年1月22日のニュース