トロイツキ ドーピング違反で1年半の出場停止処分

[ 2013年7月26日 09:35 ]

 国際テニス連盟(ITF)は25日、男子テニスのビクトル・トロイツキ(セルビア)をドーピング規定違反で2015年1月下旬まで1年半の出場停止とすると発表した。27歳のトロイツキは今年4月のマスターズ・モンテカルロ大会で尿と血液検査の対象となったが、血液の検体を提出しなかった。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年7月26日のニュース