川内「陸上でも体罰や言葉の暴力で辞めていく選手いる」

[ 2013年2月3日 06:00 ]

別府大分毎日マラソンでの激走を誓った川内

別府大分毎日マラソン

(2月3日 高崎山うみたまご前~大分市営陸上競技場)
 自己流の勧めだ。高校の部活動での体罰や柔道女子選手からの暴力告発などが社会問題になる中、川内は「(指導者から)押さえつけられるだけが競技じゃない」と話した。

 「陸上でも体罰や言葉の暴力で辞めていく選手もたくさんいると思う」とした上で、「僕みたいに自分のやり方でできることもある。続けるか悩んでいる高校生とかがいるなら、伝えていきたい」と神妙な表情を浮かべていた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年2月3日のニュース