小塚に危機感 フリーでも4回転ジャンプで転倒

[ 2012年4月20日 20:18 ]

男子フリーで演技する小塚崇彦

世界国別対抗戦第2日

(4月20日 東京・国立代々木競技場)
 小塚はSPに続いて4回転ジャンプで転倒するなど精彩を欠いた。今季はスケート靴のトラブルもあって序盤戦から苦しみ、全日本選手権は王座から陥落。昨季2位だった世界選手権は11位と最後まで波に乗れなかった。

 学業と競技の両立を目指してきたが「両方やっていては中途半端」と限界を感じているようだ。羽生(宮城・東北高)などライバルの台頭を目の当たりにし「五輪まで2年。二兎を追う者は一兎をも得ず。(現状では)高いレベルのフィギュア界で太刀打ちできない」と危機感を募らせた。(共同)

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2012年4月20日のニュース