パナソニック“連覇”へ始動「期待に応えたい」

[ 2011年4月27日 06:00 ]

フランカー西原と談笑する中嶋則文新監督(左)

 ラグビー・トップリーグ(TL)の昨季王者で三洋電機から名称変更したパナソニックが26日、群馬県内で新シーズンを始動させ、チーム初の日本選手権との2冠制覇を誓った。

 クラブハウス玄関に飾られていた三洋ラグビー部創設メンバーの集合写真は外され、練習に参加した若手メンバーのジャージーの色も赤から青に変更。OBの宮地克実元監督(70)も「全然雰囲気違うわ」とつぶやいた。

 しかし、TL初の監督就任1年目での優勝を狙う中嶋則文氏(35)はリーグ最少失点を誇る守備のチームから攻撃的スタイルへの変更を掲げた。パナソニックグループの社員数は56万人で三洋の10万人から大幅アップ。新指揮官は「2冠獲得で期待に応えたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年4月27日のニュース