×

ニッポン放送 24日オーストラリア戦生中継!無料の地上波で日本に歓喜の瞬間を!

[ 2022年3月19日 05:30 ]

日本代表の森保監督
Photo By スポニチ

 ニッポン放送は18日、定例社長会見をオンラインで開き、24日に行われるW杯アジア最終予選のオーストラリア―日本戦をラジオ実況生中継すると発表した。ニッポン放送の檜原麻希社長は、「W杯への出場が確保されるという歴史的な試合を中継したい、ということでやらせていただきます」と述べた。

 勝てば7大会連続のW杯出場が決まる大一番だが、DAZNの有料会員だけが国内での視聴が可能で、地上波テレビの放送予定はなかった。日本協会の田嶋幸三会長は当初、協会負担での地上波中継を模索。DAZNと無料視聴の交渉もしていたが、今予選のアウェー戦はDAZNでの独占放送が決定済みでともに実現しなかった。

 ニッポン放送の檜原社長は「DAZNさまとサッカー協会の契約に関して何かをしたわけではなく、ストレートにオファーを出させていただいて(協会に)調整していただいた」と経緯を説明。ニッポン放送は過去に「ドーハの悲劇」や「ジョホールバルの歓喜」などサッカー生中継の歴史があり、音声だけでW杯出場の興奮を伝えるノウハウを持つ。W杯予選の中継は今大会初で、予選5試合、本大会3試合を中継した18年ロシア大会以来となる。

 ラジオとはいえ、無料の地上波で日本に歓喜の瞬間が届けられることになった。協会関係者は「いいことだし、ありがたい」と喜んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年3月19日のニュース