×

右太腿裏負傷中のセルティック古橋 手術を検討、今季絶望の可能性も

[ 2022年1月26日 05:30 ]

セルティックのFW古橋亨梧(AP)
Photo By AP

 右太腿裏を痛めているセルティックの日本代表FW古橋亨梧(27)に関し、医療スタッフが手術を検討していると英紙デーリー・レコードが24日に報じた。

 手術した場合は復帰までに4カ月が必要という。昨年12月26日の試合で負傷を再発させた古橋に関し、ポステコグルー監督は「残りのシーズンを欠場するということはない」と話していたが、手術となれば今季絶望の可能性が高く、3月のW杯アジア最終予選も欠場することになりそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年1月26日のニュース