×

なでしこ決勝T進出 エース岩渕がチーム合流、24日検査でコロナ陰性確認

[ 2022年1月26日 05:30 ]

岩渕真奈
Photo By スポニチ

 女子日本代表「なでしこジャパン」は24日、1次リーグ第2戦でベトナムに3―0と快勝した。勝ち点6とし、1試合を残して決勝トーナメント進出が決定。次戦は27日にC組1位をかけて韓国との全勝対決に臨む。また、18日に新型コロナウイルス陽性判定を受けたエースFW岩渕真奈(28=アーセナル)が、24日朝に受けた検査で陰性となり、合流が決定。25日からチーム練習に参加した。

 W杯出場権獲得、そして3連覇に向けて女王としての威厳を示した。前半38分、MF成宮の2戦連続ゴールで先制。味方のクロスを相手GKがキャッチできず、こぼれ球に左足を合わせた。1―0の後半5分にはFKからDF熊谷の代表通算2得点目となる追加点。さらに13分に再び成宮がゴールネットを揺らし、3―0の快勝だった。

 2連勝で勝ち点6とした。韓国がミャンマーに勝利したため1試合を残して8強進出が決定。2試合でフィールドプレーヤー全員がピッチに立つなど、試合勘やコンディション面を考慮しつつ、チーム力の高さを見せた池田太監督は「全員で戦っていくことを示せた」と力強く語った。

 次戦はC組1位の座をかけ、27日に韓国との全勝対決に臨む。今大会のW杯チケットは5枚あるが、韓国に敗れると、準々決勝でアジア一の強敵であるオーストラリアとぶつかる可能性が極めて高い。主将の熊谷は「やっぱり負けられない戦いだし、1位で抜けるのと2位で抜けるのとでは違う」と強調した。

 緊迫する決戦を前にして最高の朗報だ。インド入国直後の18日に新型コロナウイルスの陽性反応を示し、隔離されていた岩渕がついに戻ってきた。24日朝のPCR検査で陰性が確認され、25日の練習からチームに合流。なでしこジャパンで長く苦楽をともにしてきた熊谷は「(岩渕)真奈が帰ってきてうれしい」と声を弾ませる。

 2戦8発の勢い、そして絶対的エースの帰還。追い風を受けて因縁の日韓戦に挑む。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年1月26日のニュース