×

森保監督 W杯最終予選中国戦へ、主将にはMF遠藤航を指名「チームの中心としてプレーしてくれている」

[ 2022年1月26日 16:09 ]

25日の日本代表練習で笑顔を見せる森保監督(右から3人目)=撮影・小海途 良幹
Photo By スポニチ

 日本代表の森保一監督(53)が26日、W杯アジア最終予選の中国戦(27日、埼スタ)に向けた公式会見に臨んだ。右太腿負傷で欠場となったDF吉田麻也に代わる主将にはMF遠藤航(28)を指名したことを明かした。

 「チームの中心としてプレーしてくれている。ポジション的にも攻守、左右の繋ぎ役。チームの真ん中でプレーしてくれているということで決めました。これまでの代表を継承していくという意味でも経験のある選手、若手と両方の層とコミュニケーションが取れる」と説明した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年1月26日のニュース