×

伊東純也 吉田・冨安不在も中国戦へ「プレーでしっかり引っ張っていきたい」

[ 2022年1月26日 14:30 ]

伊東純也
Photo By スポニチ

 日本代表FW伊東純也(28=ゲンク)が26日、翌日に迫ったW杯アジア最終予選・中国戦(埼スタ)に向けてオンラインで取材対応。吉田、冨安の不動のセンターバックを欠く中、円熟味を増した高速ドリブラーは「自分自身はやることは変わらない」と強調した上で、「チームでも代表でも、上の年齢になってきている。プレーでしっかり引っ張っていきたい。“麻也くん、トミ(冨安)がいないから負けた”と言われないように。誰が出ても勝てるようにしたいなと思います」と闘志を燃やした。

 チームは昨年10月12日のオーストラリア戦から、システムを4―2―3―1から4―3―3に変更。抜群のスピードと突破力を誇る伊東は右FWで起用され、核としてチームをけん引している。最終予選6試合5得点と得点力不足が叫ばれるチームにあって、ともに1―0で勝利した昨年11月のベトナム戦、オマーン戦では決勝弾をマーク。中国戦では3戦連発弾にも期待がかかる。

 今月上旬には新型コロナウイルスに感染し、状態に関しては「自分のパフォーマンスには納得していない」というが、絶対に負けられない中国戦へ「自分が(ゴールを)取ってやるという気持ちは常に持っていますし、直接ゴールに関わることが、(自分の)仕事だと思っている。ゴールだったり、アシストだったり、チームに貢献できればいいかなと思います」と力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年1月26日のニュース