来季J3岐阜の新監督に三浦俊也氏、強化部長には山道守彦氏 異例の“浦和&大宮コンビ”結成

[ 2021年12月7日 02:00 ]

J3岐阜の監督に就任する三浦俊也氏
Photo By スポニチ

 来季4年ぶりのJ2昇格を目指すJ3岐阜の新監督に三浦俊也氏(58)が就任することが6日、分かった。今季指揮を執った安間監督の退任が決定。大宮や神戸などで監督経験があり、今季途中からチーム統括本部長兼テクニカルダイレクターに就任していた三浦氏に白羽の矢を立てた。Jクラブでの指揮は、11年シーズンの甲府(当時J1)以来約10年半ぶりとなる。

 また浦和などで強化部長を務め、この日、京都退団が発表された山道守彦氏(58)が強化部長に就任することも判明。岐阜の地で異例の「浦和&大宮コンビ」が結成されることになった。

 今季はリーグ6位。巻き返しに向けて、すでに元日本代表DF槙野智章(34)とDF宇賀神友弥(33)に獲得オファーを提示している。最速24年のJ1昇格を目標に、本気の姿勢だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年12月7日のニュース