川崎F レアンドロ・ダミアンが来季も残留「クラブとの関係に凄く満足」

[ 2021年11月25日 16:51 ]

川崎FのFWレアンドロ・ダミアン
Photo By スポニチ

 リーグ連覇をすでに決めている川崎Fは25日、元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアン(32)が今季限りで満了する契約を更新し、来季も残留することが決まったと発表した。同日にオンラインで取材対応したエースFWは「やはりこのクラブとの関係に凄く満足している。それは自分だけでなく家族も同じこと。幸せな気持ちでいっぱいです。だから契約を更新することにしました」と残留を決めた理由を語った。

 レアンドロ・ダミアンは12年ロンドン五輪得点王として、19年に鳴り物入りで加入。3年目の今季はここまで自己最多の20得点をマークし、得点王争いでトップに立つ横浜の日本代表FW前田大然(24)に1点差と迫っている。今シーズンのリーグ戦は残り2試合。常々チームの勝利を最優先すると断言しているとダミアンはこの日も「アシストするシーンがあれば、チームの勝利を優先してアシストを選択します」とした上で「その中で最終的に得点王になれればいいのかなと思います」と意気込みを語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年11月25日のニュース